EDって直るの?

笑顔のカップル

EDは英語で「Erectile Dysfunction」と書き、勃起機能の低下を指しています。
日本語では勃起障害や勃起不全などとも呼び、基本的には男性器が勃起できない、あるいは満足な性行為ができない状態のことを指しています。
この症状は原因が大きく2つあり、精神的なストレスなどからくる心因性と、体に何らかの異常が起こることで発生する器質性に分けられます。
心因性は仕事や家庭に対するストレスや不安、また過去に性行為に失敗したトラウマなど根の深いものがありますが、心療内科などで治療を受けて原因を取り除くことで完治することが可能です。
また、器質性の場合は勃起するためのメカニズムとして神経の伝達や、海綿体への血液の流れが重要になってきます。
過去に起こった事故で神経が損失していた場合や、前立腺ガンなどで神経の摘出を行った場合には完治はほとんど不可能と考えられますが、血液循環による問題であれば体質を改善することで治療できます。
特に高血圧の人は血液の巡りが悪く、海綿体に十分な血液量が流れないことから勃起できないことが多いため、食生活を見直したり定期的な運動をすることで改善することができます。
すぐに解決するというわけではありませんが、一時的な改善としてED治療薬の処方もあるため、性行為が長期間にわたって行えないということもありません。
心因性の場合でもED治療薬と精神安定剤などを併用することで対処が可能なため、EDで性行為ができないからといって諦める必要はありません。
基本的に男性の性機能は60歳を超えても失われることはなく、70歳でも現役という人もいるので、治療すれば取り戻せる可能性は十分にあります。
また、女性にもEDと似たように不感症という症状もあります。
そもそもの原因は男性のEDと同じく心因的なものが殆どです。
現在ではそういった不感症を改善するための媚薬というものが発売されています。
媚薬は性機能の改善を目的としており、性交時の興奮を高めるために使われています。
様々な種類が発売されている媚薬の効果を確かめるならwebサイトを確認してみてください。

関連記事