EDになる原因とは?

薬を持っている男性

EDになる原因は1つではありません。
まず加齢によるものです。
年齢を増すと体力も少なくなり勃起する力が弱まってしまいます、また性欲そのものが減退してしまうことも少なくありません。
あと不摂生や睡眠不足などの生活習慣が原因で起こる場合もあります。
不摂生を続けていると体が不健康となり勃起しにくくなるのです、体の不調は下半身に出やすくなります。
ストレスが原因の場合も少なくありません。
ストレスがありますと性的な興奮がうまく陰部に伝わらなくなるのです。
他にもトラウマが原因のEDも少なくありません。
パートナーの女性に性行為についてけなされてしまった場合トラウマになり勃起障害が起こることもあります。
高齢の方に多いのが糖尿病などの他の病気が原因のEDです、実はEDにかかっている方の占める糖尿病の割合は非常に高く問題になっています。
今飲んでいる薬が原因でEDになることありますが、EDを解消するために安易に薬をやめるわけにはいきません。
命に関わるような病気の治療のために薬を飲んでいる場合は今飲んでいる薬の方を優先させましょう、また医師に相談してEDの副作用のないものに変えてもらうのも方法です。
色々な要因がありますが要因が分かれば治療もしやすくなります。
心因性の場合は心療内科に通うのが根本的な解決になります。
生活習慣が原因の場合は健康な生活ができるようにしましょう。
簡単に解決するためにはやはりED治療薬を使うのがおすすめです。
効果が高く性行為の時だけ勃起効果を発揮してくれるため毎日飲む必要もありません。
自分では原因が追究できない場合もありますのでまずはメンズクリニックで診察をしてもらい原因を解明しましょう。

関連記事